So-net無料ブログ作成

『謎解きはディナーのあとで 2』東川篤哉 [読書]

謎解きはディナーのあとで 2

謎解きはディナーのあとで 2

  • 作者: 東川 篤哉
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/11/10
  • メディア: 単行本

何故帽子が盗まれたのか?殺害後に髪を切ったのか?「見覚えのある知らない女」とは?超お嬢様で刑事の宝生麗子と、彼女に付き従う一人の執事が事件解決に挑む事件の数々。

前作と同じくサクサク読めるお手軽なコメディミステリ。前よりもキャラたちの掛け合いが軽いような気がするがこんな感じだったっけ? そして影山の毒舌が成長してきていて、何だか楽しくなってきた。 時々観ているドラマの影響もあって、完全にイメージがドラマキャストに食われてしまったなぁ。お嬢様はとてもしっくりきてるけど、執事はもっと年齢高めの見た目クールなイメージだったから若干違和感。風祭警部ははまりすぎだ(笑) ドラマの方が存在感濃ゆい。彼も最後に活躍し…たのかしてないのか、ちょっとよく分からない良い出番があったので今後も麗子を辟易させるような存在でいてほしい(ひどい)。

ドラマと原作は、どちらも良し悪しがあるなと。原作の方が真実は居たたまれない真実が明かされるけど、ドラマは若干修正されて、とにかく余韻を大事にする。ほぼ皆無なラブコメ要素がドラマはちょいちょい挟まれてるのは嬉しい(ただ、「殺しの際は帽子を~」で、ランプシェードのやり取りを何故外したのかと、それが残念…!) 珍しく原作の「聖なる夜に~」がニヤリとさせられて好きだけど、基本原作でラブコメは期待しないほうがいいんだな…うん…。

そういや安楽椅子探偵の執事ものかと思ったら今回色々出張していて、安楽椅子探偵ではなく執事探偵だった!



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。