So-net無料ブログ作成
検索選択
└ビーンズ文庫 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

『首の姫と首なし騎士 華麗なる背信者』睦月けい [└ビーンズ文庫]

首の姫と首なし騎士  華麗なる背信者 (角川ビーンズ文庫)

首の姫と首なし騎士 華麗なる背信者 (角川ビーンズ文庫)

”戦うために必要だからよ” ついにエルマー家が王家に牙を向ける。末っ子姫シャーロットとエルマー家の跡取りセシルとの結婚を迫ってきたのだ。追い詰められ断れない状況にシャーロットが出した答えとは。シリーズ第5弾。

どんどん政争寄りになって、緊迫してきたよ。

気が付けば既に王家が窮地に陥っている状態になっていて、ここから果たしてどう逆転劇が生まれるのかハラハラする。それに、エルマー家はまだ追い打ちをかける”何か”を持っているようで全然気が抜けない。 そんななか、自分なりの戦い方を見出して立ち向かおうとするシャーロットの姿は、今までなかった頼もしさを感じた。派手さはないけれど思慮深く考えた結果の”戦い方”が実を結んで欲しいな…。状況が状況なだけにロマンス成分はしばらくおあずけかも。前巻が糖分出てきただけに、やっぱりちょっと残念。 とはいえ、互い(特にシャーロット)が精神的な主柱になってきたなと改めて思った巻だった。恋のようなすごく甘い感じではなくて、家族を思うに近いあたたかなものを感じるんだよなぁ、この二人。でも家族では生まれない甘さもあって…ジレジレ、やみつき。

シリーズ開始当初はファンタジックなお話かと思っていたので(オーガという生き物が出てくるし)、まさかどっしりした王宮サスペンスが読めるなんてね。
さて次巻のサブタイからしてセシルが出張るのではと思うのだけど…傀儡のままシャーロットを追い詰めるのか、それとも…? 表面通りに受け取っていいのか迷う。(裏をかいてほしい願望・・) 真綿で首を締められるかのような息苦しい状況に打開策はあるのか。一人奮闘するクローヴィスにも進展があればと。


タグ:睦月けい
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『首の姫と首なし騎士 追跡者たちの罠』睦月けい [└ビーンズ文庫]

首の姫と首なし騎士 追跡者たちの罠 (角川ビーンズ文庫)

首の姫と首なし騎士 追跡者たちの罠 (角川ビーンズ文庫)

”いずれお前はあいつを殺すことになるぜ” 次期国王候補に狙いを定めた叔父のウェルズが収める領地へ視察に赴くシャーロット。国王選定の難しさ、そして国を蝕まんとする謎の勢力に四苦八苦するシャーロット。さらに騎士アルベルトの戦友が城内に侵入して…? シリーズ第4弾。

引きこもり姫が国のため遠出するようになったんだなぁ。しみじみ。

気がかりだった弟王子クローヴィスが1巻以来の再登場で嬉しいな! シャーロットやレイフォードとはやはり距離を掴みあぐねている感じがあるけれど、鼻っ柱が折れたためか随分印象が変わったなと。ぎこちなくも、だんだん距離を縮めていければ良いなぁ、このきょうだいたち。(レイフォードは、これ以上ないほど妹に近づき過ぎているけど) 家族といえば、後は父君か…この件はもう触れないのかも。今回、ちらりと母君の描写が出てきて、そんな時もあったのかなと切なくなった。

そして、まさかのシャーロットとアルベルトに進展の兆しが! さりげなく多いスキンシップに(事ある毎に髪を触るよね!)、ようやくシャーロットも何かおかしいと思い始めたよ。意識した途端慌て出すシャーロットと、たぶん確信犯であろうアルベルトとのやり取りが更に面白くなってきたなー。今までは糖分といえるものではなかったものが、じんわり違った形に変化しているのが楽しい。 

”人喰い竜”ことアルベルトの元戦友の登場がきっかけで明るみになった犯罪。ようやくシャーロットたちの敵を改めて認識した今巻だけど、そうなると個人的にあの青年の動きが気になる。今までさりげなく抵抗らしき欠片を見せたりシャーロットを気にかけているところもあったけれど、最後の独白といいもう容赦はしないということか。シャーロット側の手持ちの駒が少ないようにも見えるけど(信頼出来る臣といえば、ハーヴェイ小父やリオン・・と?)どう対抗していくのかな。


タグ:睦月けい
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『首の姫と首なし騎士 英雄たちの祝宴』睦月けい [└ビーンズ文庫]

首の姫と首なし騎士  英雄たちの祝宴 (角川ビーンズ文庫)

首の姫と首なし騎士 英雄たちの祝宴 (角川ビーンズ文庫)

”知らなかった。真正面から向き合ってくれる人の教えに応えられないことが、こんなにも申し訳なくて情けない気持ちにさせられるものだとは。”フォルモント国に豊穣祭の季節が訪れる。国王の末っ子姫シャーロットは祝宴に参加するため、教育係リオンの鬼レッスンの真っ最中。何とか祝祭の日を迎えるが、彼女を待っていたのは王宮に蠢く陰謀で…。シリーズ第3弾。

ロマンス成分控えめな王宮サスペンスな印象。

シリーズ中いちばん好きだな! シャーロットや騎士が着飾り、宮廷の陰謀へと突入するという視覚的にも華やかで今までの雰囲気とは少し違った感じを受けて楽しかった。 そういえば、最近出会うシリーズいつも3作目で陥落されているような気がするけれど、何だろうな・・。

内気な少女が自分のトラウマと向き合いつつも、頑張って前向こうと奮闘する姿はつい応援したくなる。そして、さりげなく彼女の背中を支えられる存在である騎士アルベルトとのあたたかな関係も今回はシリーズ比で見せ場が多くて、微笑ましかったり転がりそうになるくらい身悶えしたり。「アルベルトへの処罰」の場面は、それはもう叫んだ。あまり甘みがないと思って読んでいると、時々罠に引っかかかって心臓がドキマギさせられる。 今回で少し明かされたアルベルトの過去が今後どのようにシャーロットに作用してくるのかな。

あと、個人的に気になっている求婚者セシルの動向が掴みきれない。エルマー家の傀儡と徹底しているものかと思えば、時折感情の片鱗を見せたりで。 敵方の位置にいるであろう、彼の意思が変化していくのか。その辺りも今後気になる。

うーん。たぶん、このシリーズが控えめな甘さだなって思うのはヒロイン視点なわけで、視点を変えれば糖度も変わる気がする。人の感情の機微に敏感な彼女とはいえ、そういう感情には疎いようだし。それでも、彼女に向ける仕草や感情の形がわざとシャーロットにはわからないようにしている辺りが、なんだかこうこそばゆいというかニヤニヤしてまうんですよ! シャーロット視点だからこそ落ち着いた雰囲気も出せていて、そこが好きなわけなので。引き続き、控えめラブ(までいってないが)を楽しもう。

頭の天辺に、ぽんと温かい重さが乗った。 振り返った肩越しに、 静かな漆黒の眼差し。
撫でるわけでもなく、声をかけるわけでもない。なのに不思議と肩の力がぬけていく。


タグ:睦月けい
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『首の姫と首なし騎士 いわくつきの訪問者』睦月けい [└ビーンズ文庫]

首の姫と首なし騎士  いわくつきの訪問者 (角川ビーンズ文庫)

首の姫と首なし騎士 いわくつきの訪問者 (角川ビーンズ文庫)

”苦しくても辛くても、諦められない。貴方なら、わかるでしょう” 国王様と第2王子が不在となったフォルモント国。非常事態のため、末っ子娘のシャーロットは兄王子レイフォードの政務のお手伝いに大忙し! 慌ただしい上に、何者かに命を狙われ…。 シリーズ第2弾。

おもしろいなー!

おそらく最近はまった「黒猫」シリーズの影響で、ほんのりラブ成分を求め手に取った(どこかのサイト様(失念)でかじった知識…)。1巻読んだのが約2年前で、内容うろ覚えだったので最初から読み返してみたけれど淡々とまではいかない落ち着いた雰囲気がやっぱり好みだった。ヒロインが次期国王を選定する役割を担っているものの、第一王子は妹が絡まなければ自国に興味は無いし、弟王子は拘束の身であるしで…最終的にはシャーロットが女王になるんだろうか。うーん、この物語がどう落ち着くのか気になるな。

あと、メインの女性キャラはヒロインのみの状況で安易にハーレム化しない構図が好き。今回登場した二人の男性陣(シャーロットの元教育係の幼なじみ、愛人を二十人抱えると噂の麗しい求婚者)も、設定だけ見ればありふれた気がするものの、それぞれ恋愛とは違った感情や思惑を以てシャーロットに接したのが予想外だった。今後、そのベクトルが変わるかもしれないけれども! 特に求婚者であるセシルの人となりは今後厄介さを増しそうな予感。

気になっていた”首なし騎士”との関係も、噂通りのほっとできるようなあったかい関係が築かれていてニヤニヤ。ラブまではいかないけれど、お互い気にかけていたりと最初より距離が縮まっていた。甘ったるいのが欲しくなったと思ったら兄王子が補完してくれるしで調度良い。まぁ、読み進めるうちに「もっとラブを!」とも言いかねないほど貪欲になりそうだけれど・・・・・・。 


タグ:睦月けい
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者』村田栞 [└ビーンズ文庫]

”………罪を償いたいのです。”玄奘三蔵が天竺から帰国して、100年余りの中国。立派な僧になるため修行中の青蓮は、ある日師匠より仏像と巻物を盗んでくるよう無茶な課題を押し付けられる。さらに凶暴なお尋ね者と組まされることになり―? シリーズ第1弾。

歴史上の有名な方々を脇役に置いてあるなんてそんな…!

真面目な修行僧の少年・青蓮と、凶暴なお尋ね者・黒麒。そして二人を追う禁軍の黄豹と朱虎。立場も性格も違う4人(と猿の茶々)が闘いを通じて少しずつ互いへの感情が変わっていくのが微笑ましかったかな。でも、敵対してたのにすぐ仲良くなるのって余り面白くないなーと思ったら、終盤にてすんなり事が運ばないと判明したので気になってきました。あらすじから、何となくコメディタッチな中華風ファンタジーだと思っていたので少し意外。青蓮が抱える過去が、今後どうキャラたちとの関ってくるのかな。 個人的に、猿の茶々ラブな朱虎青年が気になる。

ところで、タイトルの「西」は前作を読んでる方にはピンとくるらしい。 


タグ:村田栞
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『まるマシリーズ(1~6+短編集)』喬林知 [└ビーンズ文庫]

今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)

今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)

お人好しで正義感が強く、野球好きな一般男子高校生渋谷有利。絡んできた不良たちに公衆便所へ顔を突っ込まれたはずが、なぜか公衆便所に流されてしまう。気づけば見知らぬ土地に居た有利は「次代の魔王」と言われてしまい?

ちょこちょこ読み進めてます。ふと、「思い切り笑えるものが読みたい」と思い手にとったシリーズ。ずいぶん前に一度手にとって3冊程読んだきりでした。主人公・渋谷有利(以下、ユーリ)の異世界に対しての反応や、彼を迎える魔界側の住人たちの色の濃さとか、読み進める度に蘇ってくる(笑)

最初の4巻は、色濃い面子に囲まれながら新米魔王として奮闘するユーリのコメディ要素の強い冒険譚として読み進めてきました。が、「カロリア編」と呼ばれる5巻からは序盤からいきなりシリアスモードに突入、今までのコメディ要素が随分控えめになり緊迫した展開に。コメディ面が好きだったので少し残念に思うものの、お気に入りのわがままプーの三男が成長の兆しを見せたりとキャラたちの変化も見えてきて面白いです。

個人的には長男・グウェンダルと眞魔国三大魔女の一人アニシナの関係が非常にお気に入り!!二人の間にはこう…甘い雰囲気とか、期待とかは互いの性格上絶対寄せてはいけないと思いつつも、二人のやり取りについニヤニヤしてしまってる辛い状況です。遠慮ない二人の関係は(主に一方が)危険に見えるけれど、傍から見ればずいぶん仲が良い図なのですよ。たまらん。


タグ:喬林知
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者』三川みり [└ビーンズ文庫]

シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と虹の後継者 (角川ビーンズ文庫)

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者 (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 三川 みり
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/31
  • メディア: 文庫

銀砂糖妖精を育てるため素養のある妖精たちを工房に集めるが、人間を警戒する彼らとの壁に戸惑うアン。信頼してもらおうとするが…。そして、ミスリル・リッド・ポッドに異変が…? シリーズ第9弾。

シリーズ化が決まった時から懸念していた事がついに…。

銀砂糖妖精三冊目。 指導する妖精たちは人間への疑心から非協力的な対応だし、危険視されている妖精ラファルは兄弟石と共に行方をくらますし、アンの恋心は不安定のままで危ういし…であちらこちらで問題が不穏な要素があるなか、ついにミスリルに焦点が当てられる話も出てきてしまって。1巻読んだときにちらりと思っていたけれど、避けられないことではあるんだよね。。今回も引き続き、少し心が重たくなる展開でした。約束の言葉が、重くのしかかる。

そんななか、シャルが今回、やってくれました! やっと、とも、ついに、とも。 挿絵がついてて糖度が一気に倍増ー!

妖精たちはなにもかもなくした。
だが再び、蘇らせる事ができる。
いつか必ず妖精たちは、歌うべき歌を作り上げる。


タグ:三川みり
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『俺の悪魔は色々足りない! 黒の葬儀屋とワケあり転校生』時田とおる [└ビーンズ文庫]

俺の悪魔は色々たりない!     黒の葬儀屋とワケあり転校生 (角川ビーンズ文庫)

俺の悪魔は色々たりない! 黒の葬儀屋とワケあり転校生 (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 時田 とおる
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: 文庫

大悪魔サブナクと契約を交わしたイトは、各地に封印されたらしいサブナクの身体を捜し続ける日々。ある日イトが所属する対魔物専門組織「フロムヘヴン」の命より、学生に扮し神父養成学園に潜入することに。シリーズ第2弾。

学園青春ものだった!

潜入早々ちょっかいをかけられたり学園祭にいそしんだり青春を満喫してたね! 今回初登場の怪しげな葬儀屋は今後もイトたちの目的に絡んできそうだなぁ。しっかしサブナクの思惑が良くわからん。あの行動に意図をはかりかねたが、イトからあの言葉を引き出せてよかった…のかな。意思の再確認といったところなのか。
安定の仲かと思ったけれど、二人が共にいられる時間は確実に減っていっているんだよね。(と、思うのだけど、あまり危機感を感じてない←)

あとアインザッツとプロケルの仲の良さが今ひとつ腑に落ちないような。。互いに救われた相手として認識しているみたいだけれど、まだ前巻からの違和感を自分は引きずっているようです。


タグ:時田とおる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『デ・コスタ家の優雅な獣2』喜多みどり [└ビーンズ文庫]

デ・コスタ家の優雅な獣2 (角川ビーンズ文庫)

デ・コスタ家の優雅な獣2 (角川ビーンズ文庫)

前回の事件を機に、ロザベラはデ・コスタ家で認められたわけではなかった。組織に迎えられてから一ヶ月、失敗ばかりの彼女は再び軟禁生活を強いられそうになる。何とかして自分の居場所を作り、兄のノアの側にいるために、彼女は危険な賭けに出る。シリーズ第2弾。

「愛している」と何度も言葉に乗せているのに、感情の種類が双方何か違うのがもどかしいよ!

おっもしろいなぁ。内気な少女が、極限の状況(デ・コスタ家の子どもを生むために居るための存在と認識され軟禁生活)に強いられそうになってるからとはいえ、彼女が成果を出そうと精一杯に頑張る姿を応援したくなります。それは同時に、裏社会に「染まる」ことも懸念されるけれど。そして背負うべき痛み。一歩前進しても課題は沢山で、状況も不安定。彼女が今回の件で、デ・コスタ家に身を置くうえでどう自分を在ろうとするのかが、気になります。

今回は失敗の挽回をはかるため手を組んだ相手がデ・コスタ家の三男坊ダリオだったのが意外でした。いや、あんだけ悪印象つかせたのに、何だかだんだん雰囲気いいかもなんて思ってしまう罠。そして腹の読めない長男も…。でも何と言ったってノアが!ロザベラには気づかせない思わせぶりな態度を取っていたりで、やきもきしてしまった。「家族」に抱く感情にしては、いささか執着が強くて厄介そうですが…?


タグ:喜多みどり
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   

『俺の悪魔は色々たりない! 白の祓魔師と首だけ悪魔』時田とおる [└ビーンズ文庫]

俺の悪魔は色々たりない!   白の祓魔師と首だけ悪魔 (角川ビーンズ文庫)

俺の悪魔は色々たりない! 白の祓魔師と首だけ悪魔 (角川ビーンズ文庫)

かつて人類を滅ぼしかけたとされる大悪魔・サブナク。少年イトは、ある事件をきっかけに封印されていた彼と契約を結ぶことになる。少年エクソシストと大悪魔(※ただいま首だけ)コンビが誕生! 

いやー、ケンカ腰で繰り広げられる言葉の応酬が面白いコンビものでした。イトとサブナクの仲は10年も共に在るだけあって慣れているというか…息の合った掛け合いは既に夫婦漫才にしか見えない。口の悪さも仲が良いからなせること(?)だと思えるほどにね…。もちろん、二人の間にある契約内容をしれば、単に仲が良いと見るには複雑ではあるけれど。

少年エクソシストであるイトの就任先の教会にも突出した人物たちが待ち受けているし、傍らには厄介な縁で結ばれている悪魔がいるしで何となくイトが苦労しそうな感じ。続きは既に発売決定で舞台は学園!なんと期待を外さない舞台…。教会側の人たちのことも気になるので続き楽しみです。

ところで少し疑問に思ったのだけど、魔物と悪魔は別物と考えてもいいのかな。悪魔は人格ある上位者なの…? サブナクの存在が魔物に影響を与えているところとか、関係性があるように見えるけど。

少しネタバレ感想。


タグ:時田とおる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   
前の10件 | 次の10件 └ビーンズ文庫 ブログトップ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。