So-net無料ブログ作成
検索選択
├コバルト文庫 ブログトップ
前の10件 | -

『英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌』久賀理世 [├コバルト文庫]

英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

  • 作者: 久賀 理世
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 文庫

自らに向けて銃を撃ち、クリストファーを止めようとしたセシル。ジュリアンの従者の機転により身は守られたがクリストファーを逃してしまう。再び、国を脅かそうと画策する彼を止めるためにセシルとジュリアンは彼の命懸けのゲームに乗ることに…。シリーズ最終巻。

お、終わってしまったー…。ここ最近の少女小説の中でも特にお気に入りのシリーズだったので、いまは最終巻が読めた嬉しさよりも寂しさの方が勝ってしまってる心境です。でも、めでたい大団円でした。盛り上がりとしては前々巻や前巻ほど心臓に悪くなく、セシルとジュリアンの仲に危機感は抱いてなかったのですが、どうまとめるのかと思いきやそうなったか。ジュリアンの兄様やパパ世代も登場したりと、濃密な一冊でした。

そしてラスト。言われて初めて気づきましたが、マザーグースの詩と挿絵が見事に1巻とリンクされているのですよ。鳥肌が立ってしまった。また1巻から読み返したくなってきました。

1冊で畳むにはあまりにも濃密で、あのキャラクタたちはどうしたんだろう…と読後思ったものの、その後のお話が載っている雑誌コバルトで登場しててよかったよかった。アッシュフォード家はさらに賑やかになりそうですね! 少し心残りなのは敵方とはいえ、クリストファーの最後の描写を複雑に思ってしまってるので、彼自身のお話ももう少し読みたかったなーとか。あとあと、パパ世代の話や、セシルたちの今後ももっと読みたいなぁ! …と、キャラクタそれぞれに思い馳せつつ、次回作も楽しみです。


タグ:久賀理世
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『鬱金の暁闇15 破妖の剣6』前田珠子 [├コバルト文庫]

死闘の末、ラスは第六の妖主・雛の君と対等の存在―新たな世界の「女皇」となる資格があると認めた父・王蜜の妖主。一方で母・チェリクは世界の亀裂が目に映り…。シリーズ第6弾その15。

最終決戦は、おあずけでした!

ちょっと浮き立った前巻から、進行は通常通りでしたが物騒なロマンスが拝めました。闇主は読んだ当初は、掴みどころのない(掴ませない)キャラクターだったのが随分じぶんの感情を直球に伝えるようになったなぁ。ヒロインに対して「何度も欺いたし、裏切りもしたし、その死を願ったことさえある」と平然と本人の前で言ってしまうくらい本当酷い男なんですが!! 色々と足掻いたものの、初対面の時点で敗けていたヒーローだったんだとようやく認めてくれたので良しとしてしまう。

場面変わって、ラス母チェリクと緋陵姫の一件に関しては…ああ、どんどん乱華の印象が悪くなる一方で。どんどんこじらせて苛々する一方で痛々しく見えてきた。「翡翠の夢」の頃が一番哀れで、悲しくて愛おしい存在でした。。


タグ:前田珠子
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌』久賀理世 [├コバルト文庫]

ジュリアンの正体は英国秘密情報部だった-。国のため、アッシュフォード家に近づいたと告白されたセシルは衝撃を受ける。どうしようもない隔たりを残したまま立ち去ったジュリアン。セシルは一人記者を続けていたが、ある日クリストファーの陰謀を知り…。シリーズ第5弾。

やっと読めたと思ったらまたこの引き!前巻につづいて、なんと酷い仕打ち…(褒めてます)。

とのたうち回ったものの、来月には読めるみたいでちょっとほっとした。でも、次で最終巻なのが残念だなぁ。ジュリアンの正体が明かされてしまっては、あのほのぼのとしたちょっとこそばゆい雰囲気の話はなかなか読めないだろうし…けれど読みたくてたまらない。あーどうなるんだ。

しっかし、待ち望んだジュリアン言い訳編は本人も思わぬ行動を起こしてしまったがばかりに修復がどんどん難しい事になってしまって、彼が悪いと思いつつもちょこっと可哀想に思ってしまった。でも、あの告白を受けた後ではセシルが彼の言葉を信じ切れずに拒絶してしまうのは当たり前じゃないか。一見ロマンス場面も追い打ちにしか見えなかった。。…と、二人のこじれ具合が非常にもどかしかったです。 そして、今回で分かったジュリアンの背景。一緒に居るためには本人たちの気持ち以外にも問題があるなーと。

そして思った以上にクリストファーのセシル個人への関心があまり伝わらなかったのが意外だったような。ライバル…? もう少し彼の突っ込んだ話を見てみたいな。。むしろ恋愛面に関しては前巻の長兄に続いて次兄にも「もしや」のやり取りがあったので、アッシュフォード子爵家ほんと気になるな! まさかのジェフリー兄様に!!
個人的には、紳士的でダークヒーローな存在の怪盗ブラックバードがお気に入りなので、今回ちらっと出ていて嬉しかったです。 


タグ:久賀理世
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『鬱金の暁闇14 破妖の剣6』前田珠子 [├コバルト文庫]

ついにラスの紅蓮姫が父の元に届く! 一方、雛の君の宣言によって世界が暴動に飲み込まれるなか、セスランの身に異変が。絶体絶命の瞬間、思いがけぬ者と出会う。シリーズ第6弾その14。

セスランのご両親が、出てくるなんて!

本編ラスト辺りでぐぐっとお話が動いたように見えましたが、自分の本題はセスランパパ再登場ですよ。  破妖の剣外伝1巻「女妖の街」に出てくるセスラン母・シャイレンの話(『捕縛の瞳』)が大のお気に入りで、もう本当大好きだったので、まさかのセスラン父の登場には嬉しさ通り越して呆然としてしまいました。シャイレンの描写も書かれていて、嬉しさが込み上げつつも両親揃う事はない事実に少ししんみり。いや、しかしセスラン父が意外と本編の筋に触れているのが、蚊帳の外状態でない事が嬉しくてニヤニヤする。真名の事は余り気にしてなかったけれど、妖貴の名は主の名に沿った名前だったかもしれない。。

本編と逸れた部分で盛り上がってきたところで…いや、本編もここ数巻のなかで話が動いたことですし、次からようやっと始まる最終決戦が気になります。


タグ:前田珠子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『英国マザーグース物語 裏切りの貴公子』久賀理世 [├コバルト文庫]

ブラックダイヤモンド事件>でセシルたちを脅かした犯人セオドア・バーンズが近く裁判にかけられる。不吉さを煽るかのように、ヘルハウンド(黒妖犬)を目撃する噂も流れ、街には不穏な気配が集まる。そして一発の銃声が引き金となって、セシルたちを巻き込み…。ついに、セシルとジュリアンの関係にも異変が起こる、急展開のシリーズ第4弾。

ギャー!

ちょっとこの展開は、私全然気づかなかった。うわー、うわー、こんな引きだなんて!! いつか終わってしまう「いま」に憂うセシルの感情の揺れ動きに切なくなっていたら、別の方向から思わぬ目線が入ってきて、あれ、あれ、と思っていたら展開が一気に動いてしまった。そしてあのラスト。叫ぶしかありません。さらに言えば、まだ心に整理ついていないまま番外編を読み始めたので冒頭部分で再び衝撃が。多分、本編読まなかったら気にもとめなかった和やかな会話のとある一言のはずなのに、的を得ていて思わず手を止めてしまったよ。。2巻でほのぼの「山でもあるのかなー」とのんびり思っていた自分を殴りたい。 セシルに接近する謎の美青年クリストファーが、この後どう入ってくるのだろうかと思うと不安。とりあえず、言い訳編を。。ああ…破天荒なジェフリー兄様や愛くるしい末弟サミュエル君が恋しいです。

いずれは見知らぬ婚約者との結婚が待っているセシルが、心は自由なのだからと呟いていたのに、ジュリアンと関わった事で秘密を共有してほしい気持ちと、知られたくない気持ちとで自身の心さえも思うようにならなくなっていく姿に甘酸っぱさと切なさが一気に込みあげてきました。

「きみの未来が、誰よりも幸福なものでありますように」

以下、本編の内容に触れてますので未読の方は回避!

続く


タグ:久賀理世
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『鬱金の暁闇13 破妖の剣6』前田珠子 [├コバルト文庫]

父に刃を向ける覚悟を決めたラスだが、王蜜の妖主は娘に容赦ない攻撃を浴びせる。シリーズ第6弾その13。

お父様の回想がメイン。

ラスの両親馴れ初めエピソードは見てみたかったけど、やっぱり普通に転がらない夫婦なんだなー。そういえば王蜜の妖主の心情は今まで明らかにされていなかったから今回が初めてなのでは? かけがえの無い存在を手にするのと引き換えに、魔性の頭目が背負う責任感と覚悟が今度は娘を追い詰める結果に。

…雛の君の仕掛けのせいで、ラスは父親を倒さなければいけない状況になってきているけど、そういえば今ラスパパは乱華の身体に宿っているんだよね?傷つけられたら肉体の本体である乱華はどうなるんだ。。

『お前のせいで生まれた心とやらが、お前がいないのは嫌だと騒ぐのだ』
だから、逃がさない。

タグ:前田珠子
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『鬼舞 見習い陰陽師と悪鬼の暗躍』瀬川貴次 [├コバルト文庫]

鬼の襲撃により右近の少将の屋敷が焼け落ちた。避難する少将の護衛に任された道冬は一旦吉昌と離れることになるが。シリーズ第7弾。

吉平お兄ちゃんがすっかり変わってしまった衝撃。

前回で傷を負わせた負い目を感じてからか、やたら弟の世話を焼きたがる吉平お兄ちゃんに少したじろぎつつ。 あの穏やかかつ飄々としたキラキラしい面影がなくなってるぞ。。と序盤の安倍兄弟のやり取りに和むも、本筋はきな臭さと不穏な影がまだつきまとっているままで。道冬のあの状態は何を意味しているのか、うっすら分かるようで、その先が怖いような。。秘密を知った吉昌はどう出るのでしょうか。不憫なのか不遇なのか…。

しかし畳のオフィーリアが一番の衝撃でしたね。どんどん彼女(?)に持っていかれるんですが…。もう、そのままヒロインの座をものにしちゃってください。


タグ:瀬川貴次
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『恋のドレスと白のカーテン ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子 [├コバルト文庫]

シャーロックイギリスを離れてから半年。『薔薇色』で慌ただしい日々を送っているクリスの元に、シャーロックの両親が訪れる。ある話を聞かされたクリスは、居ても立ってもいられずある行動を起こす。シリーズ最終巻。

幸せに包まれたラストでした。感無量。

本編では第22巻にあたる本書で、ついにシリーズが完結しました。初めて読んだ時が高校生の頃。途中読まなかった時期もありましたが、足掛け5,6年ほど付き合ってきた物語を最後まで読むことができて、今はただただ幸福と感謝の気持ちで満たされています。本当に、この物語を追いかけて良かったです。

最後まで色々と気がかりなことが残っていましたが、思った以上に幸せが待ち受けていてドギマギしてしまった。思わず、母(女)強しと呟いてしまいました。 そして、総出演とばかりに馴染みのキャラたちが次々と登場してきたのが嬉しかったです。振り返れば、ヴィクロテは魅力的な女の子が沢山居るんだなぁとしみじみ思いました。というよりも、女の子を魅力的に見せていくクリスの作った「恋のドレス」の存在が素晴らしいなと。成長とは違うような、元から持っているモノを際立たせて魅せていくのが恋のドレスで、だからこそ素敵な淑女たちと多く出会ったという印象を受けたんですよね。

そんなことを思い返しながら涙がこみ上げつつ読んできた最終巻でしたが…やっぱりシャーリーは最後までシャーリーで安心して笑い転げました。いつまでも、お幸せに。

そして更に短編集があるんですよね。本書で随分成長したらしいフリル嬢やエド、恋は敗れたものの最後まで好青年だったアントニー、そして、青い花を捧げた青年のことも触れてくれたらなぁと思います。色々と欲張りですかね。


タグ:青木祐子
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『聖者は薔薇を抱きしめて ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子 [├コバルト文庫]

親友・クリスがシャーロック婚約を交わしたことで、パメラも新たな一歩を踏み出そうとしていた。それなのに意中の人は煮え切らない態度を取り続けたままで…? パメラの恋の行方もついに決着。

パメラたちのその後の関係が知りたかったので満足!

『薔薇色』の少女たちが、それぞれ自分の幸せのために歩みを別れてゆくことに、嬉しさを感じつつも一抹の寂しさがぬぐい去れませんね。変わらずあろうとすること、変わらなくてはならないこと。とりまく環境が変わっても彼女たちの心は変わらずいてほしいなと。ここ数巻は、目まぐるしい展開だったので、クリスとパメラ二人きりで話す場面にほっとしたと同時に、彼女たちもずっと一緒にはいられないのだと思わされました。
でも良かった。パメラもずっと好きな女の子だったので、彼女じしんの幸せを掴めることができて、本当に良かったです。

あとパメラの相手はイアン先生と分かってはいましたけれど、でもそこにはアントニーの存在が欠かせなかったんだと思いましたよ。 まだ慣れないだけとは思いますが、パメラとイアンとアントニーが三人揃って並ぶ姿が一番しっくりきてしまうんですよねー…。アントニーの幸せも見届けたいのですが、次は本編最終巻。そのあと短編集があるようなので、そこに一筋の希望を持ってみましょうか。。


タグ:青木祐子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

『恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子 [├コバルト文庫]

ジャレットにより手を撃ち砕かれたクリスの母・リンダ。クリスは母への感情を持て余す一方でシャーロックへの想いがより深くなるばかりだった。そしてハクニール家ではシャーロックを廃嫡にする可能性も出始め、ついにシャーロックは決断を下すことを迫られる。シリーズ第21巻。

母娘喧嘩、もっと早くすれば良かったのにね。

今回はこの二人の対話が印象に残りました。アルフともシャーロックの時とも見なかった、感情を制御できずに叩きつけるように話すクリスは初めて、かも。リンダの行く末はあれでよかったのかやはり気がかりなのですが、本当の本当に収まったんですね。母よりも恋人を優先して、我儘を言えるようになったクリスが女性だなと思ったり。

色々な事が動く中さりげなく、でも確実にアルフ父様が二人の結婚を認めた場面が印象的でした。思わず「やったぜ!」とガッツポーズをしてしまった。あとパメラもクリス中心で動いてるわけではないのだなと、今さらながら。イアンとの関係も、中々落ち着かないなぁ。ああでも、ああも言葉にはっきりされてしまうとアントニー青年のことを思いやらずにはいられません。皆幸せになってもらいたいと思うのは過ぎた欲なのでしょうか。

短編集が間に挟まりますが、次でついに最終巻。「終わってしまうのだ」と急に寂しさがこみ上げてきてしまいましたが、それでも最後まで突き進んで読みたいと思います。二人の今後が気になる!!


タグ:青木祐子
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 
前の10件 | - ├コバルト文庫 ブログトップ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。