So-net無料ブログ作成
検索選択

落ち着いて、あらためて。  [日々のことでも]

思いのたけを放出する。twitterで偏った感情をつらつら呟き続けると申し訳なさを感じてくるので、ブログに吐き出す。

恩田陸さん、直木賞受賞おめでとうございます!!!

とても、思い入れの深い作家さんの一人なので、直木賞作家として評価されたことに、一ファン一読者として嬉しい限りです。(本の感想を書き出したい、思いを共有したいと思ってブログを立ち上げる要因の一つが恩田さんの作品だった)
高校一年生の夏に、『六番目の小夜子』に出会ってから大分経つんだなぁ。。
恩田さん、伊坂幸太郎さんを通して作家読みが始まって、それから色々なひとの作品を読むようになって。
おそらく感情が敏感で、刺激を受けやすい時期に出会ったこともあって、余計作品にのめり込んで、無心になって読みふけていた。エッセイのどこかで仰っていたように、現実から逃れさせてくれるような、強力な力を持った物語に飢えていたんだよなぁ。

あの頃を振り返ると、今はてんで、しっかり読めていない状況下ではあるけれど。(一日中本を読みふけったり、徹夜で読み終えたりすることがもう出来てない。。)
ああ、本を読むことってほんとうに幸せだと思える作品を、出会った年から今にかけても生み出し続けている恩田さんに、感謝しています。

受賞から一日経って、どの本屋さんに寄っても品切れ状態ににやけが止まらない。
おそらく世間的に一番広く知られている賞だろうから、著者を知らない人が手に取るきっかけにもなると思うと、あの本の魔力に囚われてしまうのか、すっごいんだぞーみたいな、ちょっとした先輩気分になって浮かれてるのかもしれない。

さて、もう個人的に恩田さんお祝いモードに入ったので、実はまだ読んでいなかった未読本2、3作ほどを今度こそは手に取ってみよう。
(Wikipediaで確認したら、もう著作が50冊を超えていた。こ、こんなに出していたのか…)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。