So-net無料ブログ作成

『王子様の抱き枕 不吉を誘うマドレーヌ』睦月けい [└ビーンズ文庫]

王子様の抱き枕    不吉を誘うマドレーヌ (角川ビーンズ文庫)

王子様の抱き枕 不吉を誘うマドレーヌ (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 睦月 けい
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2013/12/28
  • メディア: 文庫

深夜にマドレーヌを大量に作った茉莉は授業中に思わず居眠りをしてしまう。目覚めた時には見知らぬ場所、隣には眠り続ける青年がいて…。シリーズ第1弾。

甘ったるい題名からは想像つかないような試練続きの巻。

異世界トリップのお話ってネット小説も書籍も久しぶりだからか、妙にワクワクしながら読んだ。ごくふつうのヒロインが気がつけば見知らぬ世界にいて、言葉が通じないながらも元の世界に帰る為に奮闘する物語は、飛んだ世界が主人公にとって都合の良い設定でないほど燃えます。 ということで、この物語は最初から甘くない展開続きのなかヒロインの茉莉が頑張っているので夢中になった。(と言いつつも途中で彼女に味方が現れるまでは、けっこう堪えるものがあったけれど…。)

題名から、何となく王子様とのロマンスを中心に物語が進むのかと思いきや、むしろお料理関係の方に目がいきがちだったね! カシェとか美味しそう。 茉莉にとって料理が彼女の軸となるほど大事なものなのだと場面の要所要所で感じた。異世界の具材でマドレーヌの味に近づけようと苦心し、そして作り終えた後に達成感と辛い現実に向かわざるを得なくなった場面は印象に残ったな。。

今回は、異世界に降り立った茉莉の世界に馴染むための努力の巻だったけれど、きっと今後はロマンス要素も期待できるんだと思う。後半で別の国の王子(変な国名に聞こえるw)の登場が波乱を巻き起こしそうです。そして王子様が茉莉を物扱いからどのくらい変化したのか気になるし!
と言いつつも個人的には寡黙なアルジャン青年が一番気になってるので彼の出番をぜひぜひ!! 

「首の姫」シリーズとはまた違った作風のお話が読めそうで楽しみ。 


タグ:睦月けい
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。