So-net無料ブログ作成
検索選択

『貴族探偵』麻耶雄嵩 [読書]

貴族探偵 (集英社文庫)

貴族探偵 (集英社文庫)

”あなたが推理するのではないですか””まさか。どうして私がそんな面倒なことを?” 殺人現場に突如現れたのは「貴族探偵」と名乗る男。警察への強力なコネと優秀な使用人を駆使し、彼は事件解決に介入する。シリーズ第1弾。

面白かったなー! 

さる高貴な出らしい「貴族探偵」が探偵役かと思えば、彼に仕える執事・メイド・運転手がそれぞれ「探偵」役となって推理を披露し、彼自身は決して推理することに立ち入らないという意外な立ち位置。 優雅にくつろいで、女性を口説くことに余念がないという印象ばかり残ってしまったよ…! 

…と、まずは貴族探偵というアクの強いキャラと意外な役割に目が行きがちだったけど、ミステリ面も楽しかった。 真相がひねくれているけれど、結構シンプルイメージし易かったからかも。『春の声』とか、あのひねくれ具合が、意外とやみつきになってしまった。

徹底的なまでに推理をする気配がない「貴族探偵」。しかし、まだ何か秘めているのではと思わせられたり。どうやら続編もあるようなので、今の歪な推理方法も気に入りつつも、貴族探偵の新しい一面を覗けることを期待。

麻耶さんは『メルカトル鮎と美袋のための事件』と本書ぐらいしか読んでないけど、他の作品も気になった。まずは、長編の『翼ある闇』を手にとってみよ。 

(ちなみに…使用人たちの「御前様」呼びが、なんだか新鮮で好き)


タグ:麻耶雄嵩
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。