So-net無料ブログ作成

『英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌』久賀理世 [├コバルト文庫]

英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

  • 作者: 久賀 理世
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: 文庫

ジュリアンの正体は英国秘密情報部だった-。国のため、アッシュフォード家に近づいたと告白されたセシルは衝撃を受ける。どうしようもない隔たりを残したまま立ち去ったジュリアン。セシルは一人記者を続けていたが、ある日クリストファーの陰謀を知り…。シリーズ第5弾。

やっと読めたと思ったらまたこの引き!前巻につづいて、なんと酷い仕打ち…(褒めてます)。

とのたうち回ったものの、来月には読めるみたいでちょっとほっとした。でも、次で最終巻なのが残念だなぁ。ジュリアンの正体が明かされてしまっては、あのほのぼのとしたちょっとこそばゆい雰囲気の話はなかなか読めないだろうし…けれど読みたくてたまらない。あーどうなるんだ。

しっかし、待ち望んだジュリアン言い訳編は本人も思わぬ行動を起こしてしまったがばかりに修復がどんどん難しい事になってしまって、彼が悪いと思いつつもちょこっと可哀想に思ってしまった。でも、あの告白を受けた後ではセシルが彼の言葉を信じ切れずに拒絶してしまうのは当たり前じゃないか。一見ロマンス場面も追い打ちにしか見えなかった。。…と、二人のこじれ具合が非常にもどかしかったです。 そして、今回で分かったジュリアンの背景。一緒に居るためには本人たちの気持ち以外にも問題があるなーと。

そして思った以上にクリストファーのセシル個人への関心があまり伝わらなかったのが意外だったような。ライバル…? もう少し彼の突っ込んだ話を見てみたいな。。むしろ恋愛面に関しては前巻の長兄に続いて次兄にも「もしや」のやり取りがあったので、アッシュフォード子爵家ほんと気になるな! まさかのジェフリー兄様に!!
個人的には、紳士的でダークヒーローな存在の怪盗ブラックバードがお気に入りなので、今回ちらっと出ていて嬉しかったです。 


タグ:久賀理世
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。