So-net無料ブログ作成

『英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け!』久賀理世 [├コバルト文庫]

英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け! (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け! (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

  • 作者: 久賀 理世
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: 文庫

19世紀英国。身分と性別を偽って働く新米記者セシル。彼女のもとに、謎めいた青年と事件が舞い込んできて…。あきさんの表紙と読メの評判に釣られて購入。面白かった! マザーグースを掛けた推理が雰囲気に合っていて好きです。話の芯の部分では物騒な気配を見せつつも踏み込みすぎずにソフトな感じに仕上がっているのも。

そういや変装といっても初っ端から知らぬは本人ばかりという状況になったのが意外というか何というか。彼の正体もうこちらに明かしちゃうのか!という気がしたけど(笑) セシル嬢が知る時が見物だなぁ。挿絵はさすがあきさん美しい…。ドレスとか凝っていて、、ヴィクロテを彷彿とさせる。しっかしアッシュフォード子爵家次男の登場はまんま百鬼夜行の「僕だ!」を思い出しました。思い出さずにはいられなかった…。彼と、幼い末っ子少年の出番も待ち望む!脇を固めるキャラたちも好ましくて、ついそちらにも目がいってしまいます(続きが決まってると分かったもので、つい期待)



タグ:久賀理世
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。