So-net無料ブログ作成
検索選択

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠』三川みり [└ビーンズ文庫]

シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と黄の花冠 (角川ビーンズ文庫)

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠 (角川ビーンズ文庫)

シリーズ第7弾。キースの誘いにより、新しい工房を開こうとした矢先王城から招集を受けるアン。なんと王妃直々の要望により”銀砂糖妖精”から手ほどきを受けることになる。

今回、何百年も人間の王に囚われ続けていた妖精の登場はアンやシャルの心境に良い影響が与えられたと思ってる。彼女の気まぐれさに色々振り回されたりはしたけれど(笑)、人間と妖精のこれからに希望が持てる具体的な可能性を示唆できた存在だった…と思う。ここで王妃様が出てくるとは思わなかったけれど。しかし人間と妖精の隔たりは、中々うまくいかないものなのかなと不安になってくる。

…何でこんなに読むのが遅くなったって、そりゃキース事件ですよ。随分とモヤモヤさせられたー。アンとシャルの安定感のある両片想いが好きなだけに、横槍御免な気分ですが…。彼の参戦により二人の恋路がますます気になっていくのも必然。 そういや、今回はシャルについ突っ込んでしまう場面が。…今さらかい! でもまァ、ここぞという時にミスリル・リッド・ポッドのお節介×2でおあずけを食らって、さらに今度は人間の青年が対抗馬として出てきて…何だか哀れに思えてきた、超絶美形の戦闘妖精でした。 シャルが身を引きそうな構図になっていて、さあどうなる。



タグ:三川みり
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログパーツ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。