So-net無料ブログ作成

『バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架』藤木稟 [読書]

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 藤木 稟
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫

英国にて、奇跡調査の帰りに事故に遭った平賀・ロベルト神父は壮絶な“儀式”を目の当たりにする。やむなく滞在することになった彼らは、「吸血鬼」が町に夜な夜な徘徊すると聞き…。

シリーズ第5巻。ホラーの題材では王道な「吸血鬼」がメイン。これだけで滾る。田舎町で蔓延する「吸血鬼」が徘徊する噂…謎の公爵家…。前回よりもすっごく楽しんだような。ラスト、トリック解明は急いだ印象を受けたけれど、いつも通りの彼ららしいやり方=科学で謎を解明の手際はおおっと思った場面だった。途中まで、「今度こそファンタジー展開来るか…?」と勘ぐっていただけに、今回の解明は納得。ホラー要素をうまく科学的な面で追求していくのがやっぱりこのシリーズの面白いところだなぁ。 あと神父コンビの連携の良さも好き。 しかし今回は何と言っても由緒ある公爵家(と、美貌の当主)の不思議さにやられたー。お耽美な雰囲気に弱い。。

ところでラスト部分にまたかの人の登場がありましたが本シリーズのラスボス的位置にいるのかしら…。最後の話は彼との対決で締めるのかな。そんなことを気になりながらも、非現実的な「奇跡」を解明していく神父たちの活躍、まだまだ見たいので続き楽しみにしています。


タグ:藤木稟
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。