So-net無料ブログ作成

アルオスメンテ 2巻 [マンガ]

気ィつけた方がいいですよ 

堅物で”エンジェル”と揶揄される神官レグナの変化がじわじわと効いてくる。そして双子の騎士団長、特に兄ランテの印象がくるくる変わって面白い。二人が抱えている闇、謎…レグナ父が深く関わってきそうで、レグナじしんがどう動いて「真実」を見極めるのか、「アルオスメンテ」の秘術は完成するのか楽しみですな。
そういや「アルオスメンテ」でのタロットカード合わせの進行は中々進んでないけど、タロットの名だけではなく数字も重要になると語る場面とか、色々考えられそうで面白いなぁと。ちなみに私は、今はまったく犯人分かりません!  当てずっぽうで、ディーベルトとか?(酷い)

今回印象に残ったのは軍師ことジャスミンの彼。彼は信じたいなぁ。愛されキャラ。 あと思っていたよりもレグナと皇帝との距離感が掴みにくい、やも。少年時代の仲の良さをそのまま現在と混同してはいけないのか。やたらと絡んでくるランテの主張も表面上に受け取ってはいけないきな臭さも匂わせているし、レグナが本当に信頼出来る人間って未だに分からない(笑) 夢の中の”賢者”だけか? その”賢者”もイイ性格していて、翻弄されるレグナが楽し…大変そうだ。 ところで”賢者”がどうしてレグナの姿をかたどっているのか、その理由が明かされて思わず笑った。

次は双子の話(過去)へと移るよう。この黒と白の双子、たまりません! レグナが見ている父親の像と二人(というか騎士団)が抱いてるイメージが極端であることも、この先どう転がるのか気になるところ。
余談。前巻レグナの髪型にびっくりしましたが、今回巻末で少し触れられていてああやっぱり…ってなった。衣装のつくりも気になる。

アルオスメンテ 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

アルオスメンテ 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 作者: あき
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2012/02/25
  • メディア: コミック


ゼロサムWARD (ワード) 2012年 03月号 [雑誌]

ゼロサムWARD (ワード) 2012年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2012/01/16
  • メディア: 雑誌

双子、双子!



タグ:あき
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 1

コメント 2

ringround

ミナモさま、はじめまして。ringroundと申します。

タロットカードの合わせ、私も全く分かりません笑
双子いいですよね!ランテのうさんくささ…。
前巻の飴のくだり、大好きです 

おじさま好きなので、個人的にはディーベルト犯人はつらい…
実は違うぜ、展開を希望してます。

では、失礼します^^
by ringround (2012-03-25 21:43) 

ミナモ

>ringroundさん 
こんばんは、はじめまして!
コメントありがとうございます^^

タロットカード合わせに知識が深かったらとつい思ってしまう漫画ですよね。知識ゼロのため話の進行もどうなるのかヒヤヒヤしつつ楽しんでる作品です!
双子はもう…!たまりません(笑)
飴のくだり、私も大好きです~。ラフな感じの掛け合いは、それはそれで好きですが、ランテが素の顔をレグナの前で見せるのかな…とか、色々想像しては楽しみが増していってますw

いや、とても当てずっぽうなので、むしろ外れてほしいくらいの勢いです。
>実は違うぜ、展開を希望してます。
同感!!
by ミナモ (2012-03-29 23:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。