So-net無料ブログ作成
検索選択

『金色の獣、彼方に向かう』恒川光太郎 [読書]

金色の獣、彼方に向かう

金色の獣、彼方に向かう

現の世に異分子が紛れ込んだような、或いは異なる世界へ足を踏み入れてしまったような、そんな非日常の姿が垣間見える物語が4編収録。どの話ももっと踏み込めば完全なホラーになる所をあえてボカして不思議な雰囲気で紛らわせた感じ。各話、時代も語り手も別々なのにどこか繋がりを感じる。共通して存在感を発揮する樹海がモチーフなのかも。あと、居場所を定めきれない者。材料からして不安な気持ちを掻き立てられるなぁ…。お気に入りは「異神千夜」と表題作。以前別の作品で感じたほどゾッとする恐怖は来なかったけれど、掴みどころの無さが妙に気味が悪くて、余計に奥の世界に興味を持ってしまった一冊。


タグ:恒川光太郎
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ: 

nice! 5

コメント 5

momo

 その本、タイトルに惹かれて読みたいなと思ったんですけど、著者さんがホラー系の話を書く方だそうで、挫折しました(汗)

 結構忘れられずに夜思い出してビビるタイプの人間です(苦笑) 許容範囲の狭さw
by momo (2012-01-25 17:38) 

ミナモ

>momoさん 
他の本はホラー色が濃いのですが、本書は一歩手前までで止まっているので全然大丈夫だと思いますよ☆
個人的に「夜市」はオススメなので、日中にでも気が向かれた時に読んでみてはいかがでしょうかw(と押し付ける←)



by ミナモ (2012-01-27 00:17) 

momo

 そうなんですか!
 じゃあ読んでみようかな……日中にw

 教えてくださってありがとうございます^^
by momo (2012-01-28 15:26) 

藍色

時代も雰囲気も異なる短編集なのに、
圧倒的な存在感がそれぞれの物語を貫いていて、
とても雰囲気のある1冊でした。
トラックバックさせていただきました。
by 藍色 (2013-08-23 19:39) 

ミナモ

☆藍色さん
恒川さんの作る世界観は幻想的でいて少し恐ろしく、つい見入ってしまう雰囲気がありますね。
また読み返したくなってきました♪

TBありがとうございます。後ほど返信させていただきます~。
by ミナモ (2013-08-25 17:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログパーツ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。