So-net無料ブログ作成
検索選択

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と赤の王国』三川みり [└ビーンズ文庫]

シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 三川 みり
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/09/30
  • メディア: 文庫

シリーズ第6巻。ペイジ工房編第3弾。間近に迫る新聖祭に向け多忙をきわめるアンたち。しかしそこにペイジ工房の職人・オーランドが襲われ負傷した。襲ったのはシャルを執拗に欲する美貌の妖精ラファル。そして彼は、銀砂糖師のアンに目をつけシャルの人質として彼女を攫ってしまう。

終始 緊迫感漂う巻でした。アンはラファル(グラディス)に攫われ、シャルは身動きが取れず、人手が足りないまま新聖祭が迫り…。 それでも、途中から心配で気が気でないキースがちょくちょく顔を出したり、文句言いつつも助っ人として参戦するキャットや、まさかのジョナス(笑)など、工房以外の人たちも出てきて楽しんでた…りね。 あの奇跡のような光景が、様々な苦難を乗り越えた末に出来たものだと思うと何かこみ上げてくる。これにてペイジ工房編は終わりかなぁ。最後さりげなくエリオットが放った言葉にほっこりした気分です。よかった。ペイジ工房の人たちのその後、がとてーも気になります。

そして新たな難題?というか、逸らしていた事実が浮き彫りになったというか。さらに彼の出番か…。とはいえ、今回で白の貴公子の印象は若干右肩下がり気味なので、挽回するのかどうかという点では彼に期待してるかも。 さて、シャルの踏ん張りがどこまで持つかな(笑) ここ最近では、もうふっきれちゃえよと思わなくもないけれど(それはダメか)。人間と妖精の越えられない壁を、アンとシャルはどうするのか。

ところで、冷酷で残忍な姿で描かれている妖精ラファルですが本当酷い仕打ちをしているけれど、嫌いにはなれなかった…。痛々しいような。彼の行方や、金剛石も気になる。
あと、このシリーズ、色のイメージがとても描きやすく素敵に書かれているけど、今回も様々な”色”の描写が見れてうっとりします。もう少し寒くなったら、また読み返したいな。


タグ:三川みり
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログパーツ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。