So-net無料ブログ作成

『鬱金の暁闇5 破妖の剣6』前田珠子 [├コバルト文庫]

破妖の剣 鬱金の暁闇5 (コバルト文庫)

破妖の剣 鬱金の暁闇5 (コバルト文庫)

  • 作者: 前田 珠子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/10/30
  • メディア: 文庫

このシリーズは女性キャラが最強なんですね。というわけで、ラス母復活。いや…私もいつの間にか彼女のことを美化していたので、あまりのギャップに驚きました。あ、でも良いなぁこういう強い女性…。チェリク+妖貴二人の一行が前巻からツボです。おまけに今回、あの食えない青年も加わるみたいですし、楽しみ。と思っていたら何ともまァ強引な方法で主人公仮復活しちゃった。

ところで最後の二人の会話、まるで今生の別れのような雰囲気を醸し出していて―いつもの応酬がやけに切なく感じられて、少し泣きそうになった。ええ、え? もしかして…? 段々雛の君の狙いがおぼろげながら分かってきたのですが、その過程で彼らの消失は計画に組まれてるのでしょうか。私、破妖キャラクターは人間だけでなく魔性も含めてほとんど気に入ってるので…ああ、書いてて段々嫌な想像しか思い浮かばない。次回、ターラvs紫紺の君。

(ターラでさえ変わっていこうと頑張りはじめたのに、あの超弩級シスコン坊やは成長が見られずに、少しがっくり。彼らしいといえばらしいのか…? 側にいる緋陵姫が不安定な状態らしいので、ラスも含めて何とか殻を抜け出してー)

拍手ボタン


タグ:前田珠子
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 8

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。