So-net無料ブログ作成

『鬱金の暁闇 2 破妖の剣6』前田珠子 [├コバルト文庫]

鬱金の暁闇(集英社)鬱金の暁闇 2 破妖の剣(6) (破妖の剣シリーズ) (コバルト文庫)

新たに紅蓮姫奪還チームが組まれ、新登場キャラが出てきても私の中心はラスと闇主の二人と、非常識で厄介な古参メンバーです(笑) ちょっと、リメラトーンの正体のくだりでは混乱しかけたけれど。まぁ軽く流して…と。← しかもまた、ラスが紅蓮姫を召喚する瞬間盛り上がったのにラストでまたどかんと新たに投入されましたよねー。私、ラスと紅蓮姫のやり取りも好きなだけに、二人 (?)がまた離れ離れになってしまうのは辛いのですが…。そして実弟はどうしたの。。もっと言えば王蜜の君が何を考えているのかわからないよ…。

というか、まずこれ。

やってくれたよエロ魔性!(by邪羅)な巻でしたよ、一言で言えば。ラスが段々と赤男を「そういう意味で」意識しはじめている姿はほほえましくもじれった い気分だけど、闇主さんはそれ以上に限界が来てたんだねぇ。あともうひと押しかと状況構わず期待してましたが鈍感娘はダテじゃなかった。何だか報われない 赤男に恋愛面では同情しちゃうなぁ。なんて、つらつら思いながら読み終わりました。 

◇拍手ボタン◇

 


タグ:前田珠子
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 8

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。