So-net無料ブログ作成
検索選択

五條瑛 『愛罪-Uxoricide-』 [読書]

愛罪―Uxoricide (双葉文庫)

愛罪―Uxoricide (双葉文庫)

大手製薬会社の会長は複数の愛人に子供を産ませ、すべて引き取っている。しかし本妻が亡くなり、愛人も消息不明に。跡継ぎのひとり長谷川満夫が、美しい占い師に導かれ真実を手繰ると、そこには想像を絶する罪深き愛があった…。

『心洞』のときのような関係にはもう二度と戻れないのか。エナの進む道は、どうも私には理解しがたかった。ヤスフミの件で、彼女は確かに変わらざるを得なかったと思うけど、彼女自信が取った道―行動は、何だろう、頑張れとは思えない。 今回は特にそう感じました。 彼女とすみれの決別は、ある意味予定調和のひとつだったのかもしれない。変わらなくてはならないことは必然でも、あの頃の彼らのやり取り 好きだったから余計苦い気持ちに浸ってしまいました。

すみれはどんどん成長していくなぁ…もう、ただ可愛いとは言えない。あと亮司の登場が少なかった…(寂)



タグ:五條瑛
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。