So-net無料ブログ作成

五条瑛 『恋刃-Lancet-』 [読書]

恋刃 (双葉文庫―R/EVOLUTION (ご-04-05))

恋刃 (双葉文庫―R/EVOLUTION (ご-04-05))

  • 作者: 五條 瑛
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: 文庫

順風満帆だったサラリーマンの人生が「謎の箱」を手にした瞬間、大きく変わってしまった。恋に身を焦がし、破滅していく男と女。時にそのエネルギーは革命すら起こしてしまう。そして縺れた糸のその先には”あの人”がいる…。

革命シリーズ第4弾。
ここにきて、第1巻(断鎖)のキャラたちが再登場。 あんな形で亮司に関わるなんて…うわっうわぁ!!(興奮) 次々と登場人物は増え、勢力図も書き換えられていくのに、どの人も強烈な個性を持っていて、かつメインキャラとの関係性が魅力的で忘れるなんてこと、できません。 破滅へと向かっていく男と女。 彼らの「恋」。 止められない激情。 泥沼へと足を突っ込んでいく彼らに目が離せなかった。

亮司は健在で何より。もう、彼ぐらいしか癒し要素ないんです。 どんな魅力的な人でも、彼らはどこかしら破綻しているようなものだし。 健全な青年に心癒されます。 …あ、すみれは持ち前の小悪魔さでにんまりしてます。← 彫翔という彫師も亮司にクラクラですね(ってそういう言い方しかできないのか。だって詩神(ミューズ)とか言っちゃうし…) 振り返ってみれば亮司が久々に出番が多い巻でした。 サーシャとの緊張感のあるやり取りも見れて満足。

しかし最後の独白は衝撃的だった。 最初の文章と照らし合わせてみると…って、え!? あの人がこの文章を書いたのか…。 うん…。
その先に破滅が待っていても溺れずにはいられない、強烈な赤い薔薇。

2010/8読了[るんるん] 拍手ボタン


タグ:五条瑛
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。