So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- [└機動戦士ガンダム00]

観てきました! また観る予定です。また観ました。

もう、何と言ったら良いんだろう…観終わった後、言葉が出ない状態でした。呆然…。
アニメシリーズ第1期 第1話からずっと追い続けていた「ガンダムOO」が、これにて完結します。 黒執事といい、アニメやドラマを全話見続けることが本当に稀な私にとって、このアニメを全部観終わるなんて奇跡に近いんです。 初めてイベントに参加したりと、アクティブでした…。 そういう理由もあって、とても思い入れのある一作でしたが、この劇場版が最後なのだと思うと、寂しくてなりません。

そして、私がずっとずっと見てみたかった姿が、劇場版で叶えられたことがすごく嬉しかった。
頭がストーリーに追いつけずに「??」となったところはあったのだけど、今思い返せば、とてもシンプルかつ直球にテーマを描いていた映画でした。
話がわからなくとも戦闘シーンは迫力があって圧倒されました。 バックミュージックがかかり始めると盛り上がりも最高潮、見入ってた。
各キャラとの掛け合いも久しぶりに見れることが嬉しくて、それだけで もう十分な私。 マイスターたちそれぞれに思い入れがある方にとっては、刹那以外はやはり印象が薄くなってしまったような気がするけれど、それぞれが闘うシーンはどれも綺麗でカッコよかった。

歴代ガンダムを観たことがないので比較しようがないのですが、本当に大好きな作品だと実感しました。

以下、ネタバレ せずにはいられないので隠し。長いよ。

無題.jpg

分かり合うためにどうしたらいいのだろうか。 本作品は最初から最後までその問いかけをずっとし続けていたように思います。 ラストはきっと、人間とイノベイターが分かり合えた象徴として刹那とマリナが抱擁する場面なのかなと。「来るべき対話」の実現。 もうこれが! 本っ当に嬉しくて…。 以前、テレビシリーズを観終えて、総まとめの感想の中で「"直接的に”二人が対話しているのを見たかった」と書いてました。 その願いが叶うとは思わなくて、思わず泣いてしまいましたよ。 序盤にロックオンが「鈍い」と指摘した通り、数十年かけて、ようやくでしたが。 盲目のお婆ちゃんの姿になったマリナを見て(ヒロインの見た目として)失望するかと思いきや、すごく自然に受け入れられた自分がいます。 「マリナ・イスマイール」と呼ぶ刹那の声が優しくて柔らかくて…ありがとう、声優さん。 たとえ、見た目がエルスを受け入れ金属化した刹那であっても。 二人が抱き合った後、ガンダムに花々が咲いたことは、もう刹那は闘わなくても良くなったということかしら…ここらへんがよく分からないけど、2期EDを彷彿とさせます。

何か、最初と最後を見れただけで私にとっては価値ある映画だったな…うん。 最初のあれとか、マリナがいると分かっていて率先して守っていたし。ふふふ。 他、色々小ネタが利いてたり、ほぼオールキャラ総出演状態で嬉しい悲鳴。 ゆえに、個々のキャラがもっと彫り下げてほしかった気持ちも。

以下こまごまと。
後付け設定っぽいようだなーと思っても、ティエリアに「大好きです!」と告げるミレイナを見れたからもう十分!と思ってしまった。(もっといえば うろたえる彼が見たかった。。) 戦闘では、身体も無くしてしまった中盤以降ミニマム状態だったので少し残念だなと思っていただけに嬉しかったなー。 どのマイスターにもパートナーがいるのに、彼だけ一人ぼっち状態だったなと寂しかったので。

ロックオン・ストラトスは、完全にニールと同化してた気がする。
アレルヤは、やっぱりハレルヤと混合しながらの戦闘シーンがとてつもなくかっこよくて目が奪われた。

グラハム・エーカー 蘇りましたね!嬉しい。 ブシドーだった2期は、出番が沢山で嬉しかったけど、グラハムと言えなかったのが悲しかった。 彼と刹那の、戦闘を抜きにした会話は最後まで実現できなかったけど(初顔合わせだけの回だけ?)、彼等は戦闘の中でなかったら出逢うはずもなかったのだし、この二人はこういうめぐり合わせだったのかな。 分かり合えたし(グラハムが一方的に納得したような気がしないでもない) でも生きててほしかった…どんな形でも、そう思わずにはいられない。。 うん、いい男ぶりでした!!

コーラサワーは最後まで「不死身のコーラサワー」の異名のままでしたね…さすがだ…。決死の雄叫びのシーンも、何かマンガがかっているような描写で、こりゃ彼は大丈夫だなと思ってしまったよw

1期からCBを支えてくれた人たちも登場し、オールキャラ総出演状態で嬉しい限り。
少し疑問に思ったところや突っ込みどころもあったけれど、それでも魅入らずにはいられなかった。 こうして劇場版で『ダブルオー』の完結を、彼らの行く先を見届けることができて、本当に良かった。
大好きです!

劇場版の公開も迫る「機動戦士ガンダム00」よりアルバム2タイトルがリリース!

拍手ボタン

10月5日、少し追記と修正を。 2回目でも号泣したあたり、何かもう色々と深くのめり込み過ぎだね…。 刹那がマリナに対して「きみが」と呼ぶ声で一気に盛り上がってしまった。。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(5)   

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。