So-net無料ブログ作成
検索選択

Cobalt 2009年11月号 [雑誌]

今回は”恋愛小説”特集。
LaLaに続いて唐突に読みます。しばらくぶりだなあ。
前買ったときより一回り小さくなってるし。以下感想です。
面白そうなの発掘発掘♪

お気に入りがたっくさん出てきたー。 特に好きなのは★マーク。

・「伯爵と妖精」
りるさんがガッツリはまったみたいで読みたいなあと思いつつもまだ手が出ないシリーズ。 読んだことはあるけど、確か4,5冊ほどしか進んでなかったような。。
いつの間にか既刊20冊なんて。あ、やっと二人は結婚までいけたのか…。。

★「嘘つきは貴公子のはじまり」
『嘘つきは姫君のはじまり』シリーズ番外編。 といっても本編とはまったく別物…らしい。 松田志のぶさんは初読みだったけど、面白かった~♪
あれやこれやの結構ハイスピードな展開に、どんな落ちが待っているんだろうとハラハラしながら読んだよ。 方言が途中から出てこなくなったなあ…と思ったら最後でそう使うのか! きゅーん…。。
あああ本編ものっすごく読みたい!! 既刊全部集めたい読みたい。 まだ読んでもいないのに、見た目では不思議な雰囲気醸し出してる彼が好みだなあ。 ヒロインの正式なお相手…ではなさそうなんだけど、今回の特集記事で”初々しいカップル”として紹介されているあたり、期待していいのかな…? 多角関係ものニガテだけど、でもこれ気になる~~~。

⇒結局全巻制覇しそうです……(笑)

・「恋嵐」
『少年ボーイズ』の阿部さん読みきり。 源頼朝と北条政子のなれそめ話でした。”猪姫”と噂される政子は、ただ気が強いだけでなく脆いところもあるわけで…。 飄々としながらも内に熱い思いを秘めてる頼朝が、最後で爆発してくれてヒヤヒヤしたりにやにやしたり。
落ちはそれでいいのか史実に沿っているのかよくわからなかったけど、二人が言い争う場面が好みでした。←
でもこの人現代の話の方が好きかな~。

・「有菜の種 第4回」
種村さんエッセイ。 久々に見るよ種村さん…「ジャンヌ」世代だったなあ(遠い目)。 エッセイ、ページ数少なかったけど面白かったです。 1コマ1コマ動きが可愛かったぜ。

・「鳥籠の王女と教育係」
マンガ+短編。 超!面白かったあああああ!!!
カスカベアキラさんの絵は素晴しいよ。カエルがめっちゃプリティに見えるなんてさあああ(興奮気味)
短編『汝、愛を疑うなかれ』もーーーーーーーーーーー!!!

・「空(あき)の巣」
岡篠名桜さん。初読みです―と思ったら2年前の記事がヒットした。別シリーズの1巻だけ読んでたみたい。わお。
ああこの二人の鈍い関係好きだなあ。によによ。女の子の方はちょこっと意識し始めているのに、肝心の彼の方は彼女をドキドキさせるようなことをしておいて天然要素入ってるって!(彼は女の子のことが好きっぽいですね(ビシっ))
<墓守><家守>の役目云々とか、キリエさんは気まぐれに現世に残っているのとか、少し引っかかったところもあったけど、楽しかったですv

気になったんで、『ビイドロの天秤』を読んでみよう^^(⇒ゲット!)

★『あなたの香りが消えるまで』
我鳥彩子さん。今年のロマン大賞さん。初読みです。 結構好きだ…!!!
突然現れた少女から「駆け落ちして」と迫られる場面から始まり。 その強引なことをしてのけるマイナ嬢さんが素敵だよ。 身分差の恋愛はモエル。 感情のままに”一緒にいる”ことを目指すのではなく終わらせようとする彼女にグラッときたよ。そこで身を引くなんて…(そんな萎れた性格ではなかったけど)! あと彼女の恋人のファルディがイイ性格をしていて好きだ。なんだこの彼氏は…彼女のために倒れる人ってなかなかいないよね(笑
とっても好みな作品だったんで、最近出たらしいデビュー作読んでみようかな。 作中出てきた、とても高価な<香水>と作る人がその本と繋がっているような気がするし…あらすじ読む限りでは。 うーん、同じ世界なのかな。

 

・・・・・・いろいろたくさん語ってしまったけど、結構、というか十二分に楽しかった。
隔月刊だし、次は来月1日に発売するそうだし、うーん、買ってしまいそうだなぁ。。(室町少年の番外編とか、破妖とか、ゲスタァンとか、魔法の雫とか、好きなのいっぱいっぽいし!)


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログパーツ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。