So-net無料ブログ作成

初野晴 『初恋ソムリエ』 [読書]

初恋ソムリエ

初恋ソムリエ

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: 単行本
青春ミステリの最前線! 廃部寸前の弱小吹奏楽部に所属する穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽部の甲子園「普門館」を目指して日々練習を重ねる二人に、難事件が?


退出ゲーム」の続編。
楽しみにしてた。 前作より好きかもしれない…。

前巻が好きすぎて、続編楽しめるかなあとか思っていたのが間違いだったよまったく。
面白かったああああ!! 派手な見せ場はないけれど、 ちょっと おかしな生徒たちとささやかなトリック解明(とその事実)に目から鱗のシリーズです。 日常ミステリに青春がスパイスしてて、大好物。
チカ&ハルタコンビは相変わらず面白いw ただやっぱりというか、うすうす予想してたことだけど二人の片恋は中心に扱われないのかあ…表題の話も二人のことではないし。 お互い協定を結んでいるとはいえ、進まない関係で少し残念。 各話冒頭での醜い争いは楽しいよ^^
まあ前から出てる人たちのキャラが掴めてきて良かった。 愛着がわいてきた~。 それにまた…ざくざくとオモシロイ人たちが出てくるしで、変人率が高くなってきたわw

あと遅まきながら、彼ら(=変人)を引き寄せる力を、チカは持っているんじゃないかと確信し始めた巻かな…。 いい主人公だw 相方にホームズの座をとられてしまっているがね! まっすぐで少しおバカなところが可愛い女の子。
今回は、しょっぱなから女捨ててるようなとこもあったけど。 …「男だ。男がほしい」と叫ぶヒロインて(何故そこで”略”するんだw)。

そんなわけで今回も楽しい連作短編でした。 結構人も集まってきたし、いっちょこのシリーズで長編も読んでみたいなあ。 先生の過去や二人の初恋を絡めた方向で。


タグ:初野晴
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(1)   

nice! 8

コメント 12

sherry

図書館にはまだ入ってないようでしたが、本日予約して来ましたよ!
すでに14人待ちでしたが・・・
早く読みたいなぁ~♪
by sherry (2009-10-11 20:39) 

ミナモ

>sherryさん 
この間ダ・ヴィンチをちらっと流し読みしてたら、1P初野晴さんの初恋ソムリエでインタビュー記事ありました♪
本が届く前にこの記事読んでニヤつくのも…笑
by ミナモ (2009-10-14 18:46) 

sherry

ミナモさん・・・、今日本屋に行って、立ち読みしようと思ったら・・・まんまと買ってしまいましたよ・・・ダ・ヴィンチ!
まぁ、この情報量で500円はお買い得なのかな?

私、勝手に初野さんは女性と思ってました。
なんという思い込み・・・。

インタビュー読んで、早く読みたくなったよ~。
しかも、シリーズがまだ続きそうで、嬉しいねっ!!

そしてその時にあさのあつこさんの「神々の午睡」を衝動買いしてしまった・・・
私も節約中だったのに・・・^^;ははは
by sherry (2009-10-16 21:31) 

ミナモ

>sherryさん 
嗚呼、買ってしまったのですね…!! さらにあさのさんの新作まで…。
確かに情報量の点では500円はお得な値段だと思うんですけど、難点は読みたい本が一気に増えてしまうこと(笑)。
節約したくてもレビューされたり、実際書店でその本を見てしまうと絶対衝動買いしてしまうので></// まったく……!!

私も、もしかして女性…?と思いながら読んでたのでちょっとした衝撃でしたw
by ミナモ (2009-10-16 22:16) 

sherry

あっ、まったくその通りっ!
ダ・ヴィンチ読んでると、読みたい本がどんどん増えるよ・・・。
もっと早く読める能力が欲しい・・・。

そして本屋はほんとに危険な場所だ!
絶対に手ぶらで帰ってこれない・・・^^;
ましてや、今日は銀行帰りに寄ってしまった・・・^^;ははは

ミナモさんも女性かも?って思ってましたか~。
私だけじゃなかった~^^
by sherry (2009-10-16 23:07) 

ミナモ

本屋には何か魔術があるんだよ、きっと…!笑
読みたい本はたんまりあるのにこれ以上増え続けたらキリがないんです。

しかも銀行帰りに本屋寄るって…!?要注意ですよね。 いつもより警戒心が欠けちゃいますよw


なんとなく、初野さんの雰囲気って米澤さんに近かったから男性の線も捨ててはなかったんですが…爽やかサラリーマンでしたねw
by ミナモ (2009-10-16 23:17) 

sherry

>本屋には魔術

そうかもね~。
なんかさぁ、コミックスだと1冊500円前後でしょう。だから小説の単行本を買うよりはずっと手軽じゃない・・・、つい油断してしまうよ。

吉祥寺に行くとアニメイト、本屋2軒くらい、BOOKOFFをはしごして、気づくと1万円くらい使っちゃうことがあるからね・・・本屋が怖い・・・^^;

で、本屋は危険とか言いつつ、amazonでも買っちゃったり・・・。
小説は図書館でも借りるし、返さなくちゃならないから最優先だもんだから、家には読んでない本やら漫画やらたまってます・・・。

私、たれ目の人が好きなんです。
初野さんはちょっと好みかも・・・^^;えへ
昼間は普通のサラリーマンなんだねぇ~。
by sherry (2009-10-16 23:35) 

ミナモ

そうなのー。
小説だと「最低」500円はしてしまうし、でもコミックスだと安いのは400円代からあるし…って言い訳してしまう^^;

ハシゴして、とにかく安く買いたい…って思っていたら、予想よりはるかに量が…そんなことたっくさんあります。。笑

初野さん、ビジュアル面でも素敵です…!!
たれ目ですよねw 柔和な感じが…w
by ミナモ (2009-10-17 13:50) 

sherry

面白かった~!
ミナモさんと同じで、前作も好きだったけど、こっちを読んでますます好きになったよ。
チカちゃんがかわいくて、いいよ~。ハルタも前作より変人ぶりがアップした感じでいいよ~。
そんで、私はカイユが好きだぁ~。もっと出てきて欲しい^^
他の面々も個性豊かで面白い!

三角関係は進展しないね~。そこ、読みたいのにね^皿^
きっと草壁先生がらみの話は最後に持ってくるんじゃないかなぁ~。
続きが楽しみだね♪
by sherry (2009-12-25 18:28) 

ミナモ

>sherryさん 
読メでこの本が登録されているのを見て密かにガッツポーズをしてましたw笑
二人の個性がより、おかしく浮き出ていてにまにましちゃってたよ。恋愛方面は、あんまし進んでなかったようだけど(だけどそんなぬるま湯関係が好きだったりする)
みんな面白いよね、カイユとか・・・sherryさんったら(わたしもだっ)

きっと最後に先生絡みの事件で落とすのかしら、と思いますよね。
是非とも来年のうちに読みたいな~♪
by ミナモ (2009-12-29 20:38) 

藍色

それぞれ違った面白さを持った四編の短編集。
ちょっと展開が早すぎるかなと思うところもあって、
一編一編にもう少しずつ分量があったらなぁと感じました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
by 藍色 (2012-09-25 17:51) 

ミナモ

>藍色さん 
こんにちは。以前、とても前のことになりますがトラックバックいただいて嬉しかった覚えがあります。
一編一編もっと読みたい!と思わせるような魅力あふれる短篇集でしたね。
むしろこのシリーズの長編も、そろそろ読みたくなってきました。
気長にまとうと思いますがw
トラックバック、ありがとうございます。
さっそく返信させていただきます~。
by ミナモ (2012-10-06 11:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。