So-net無料ブログ作成

『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』荻原規子 [読書]

RDG2  レッドデータガール  はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本
神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。生徒たちはある特殊な理由から学園に集められていたのだった…。

 

シリーズ2巻。(⇒1巻の感想
おおお、面白くなってきた!! 前回はほんとうに序章だったんだなあ。
そして舞台は学園に。学校でのあれこれだよ。(青春ものだ!!>若干違ってた)
とまあ、1巻以上にワクワクドキドキした巻でした。いやだって荻原さんの学園もの大好きなんだもん。
新しく登場した泉水子の同級生、真響・真夏の三つ子きょうだいがいいな^^**
泉水子が大人しいヒロインだから、こうして明るく活発な子たちが周りにいると楽しくなってくる。
深行と変にギクシャクした(恋愛的な意味でなく)関係をほどよくしてるような。
私はそんな微妙な距離感のある二人が大好きなんだけど!笑  今回もじれったかった…。
元々仲が良くない二人の距離が縮まっ…たかなと思ったら急に険悪になったり(わりと一方的)、
最後の仄香先輩の一言は的確だったと思う。ww

キャラ関係も憶測も入れて面白くなってきたし、お話もようやく方向性が掴めてきた…ような。
表題の”RDG”の意味はそういうことか。”RDB”を捩ったものだったんだ。
説明されるまでまったく知らなかった単語でした。。

オビで佐藤多佳子さんの言ってる通り、いにしえの日本要素が現代の日本とうまく融合している。
曖昧に知っている存在の”彼ら”が普通に学園生活送っている時点で非常にツボ。
たいてい単行本は図書館頼みだけどこれに限っては発売してから3週間しか我慢できなかったよ。
まあこうして何度も読み返せるからいんだけど。


タグ:荻原規子
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。