So-net無料ブログ作成
検索選択

『クドリャフカの順番 「十文字」事件』米澤穂信 [読書]

クドリャフカの順番 (角川文庫)

クドリャフカの順番 (角川文庫)

ついにやってきた神山高校文化祭。しかし古典部には深刻な問題を抱えていたのだ…。シリーズ第3弾。面白かった!! 青春、だなー。文化祭の最中に物が盗られる悪意なき?怪盗『十文字』の発生や、部誌を売りに奔走する古典部員たちや。文化祭ならではの、あの常とは違う特別な雰囲気が好き。後を引くような苦いものを飲み込んだような…自分の身にも覚えがあるような人間関係にも何とも懐かしさを感じさせる。

今回はいつも話者のホータロー視点ではなく、部員4人がローテーションのように代わることでそれぞれスポットが当たっていて良かったなー。表に出していない姿や相手へのベクトルにどんな感情を乗せているのかが分かって、ちょっと見方が変わるというか。中でも摩耶花視点が好きです。これこれ、こういうの青春だよね!と頷いてしまいました。苦いのも青春なのだよ。まぁ、一番キャラが立っていたのは「女帝」入須先輩だと思いましたが。すっごい魅力的な方でね…人心操作の方法って…。

1巻から話題になっていた神谷高校文化祭の様子がここで見れて嬉しかったです。非日常の雰囲気と、様々な思惑と衝突がそこに混じっている、甘いような苦いような青春を抱えた4日間。堪能しました。

「古典っていっても、『徒然草』とかをやってるわけじゃないんですよ。だからってなにをやってるのか、自分たちにもわからないのがちょっとオツなところです。なにせ、一旦部員がゼロになってからの大逆転大復活の部活ですから。でもまあ、文集を作る部活だってことだけは、なんとかわかったんです。そういうことならって、文集を作りました。でもですね、この文集、我ながらすごいことになりました。力入ってますよー」

016-05 「力入ってますよー」
ああ、そうだな。 主として、量に。

     【残り百八十五部】


 

(2008.04.03 投稿)
(2012.05.29 改稿)
タグ:米澤穂信
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: 

nice! 1

コメント 1

ミナモ

>kaz777さん
niceありがとうございますv

by ミナモ (2008-04-04 00:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログパーツ
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。